埼玉北本で腰痛・肩こり・子宝整体・産後骨盤矯正はお任せ下さい

埼玉県北本市中央3-43 大島ステーションビル404

変形性股関節症

《変形性股関節症》へんけいせいこかんせつしょう

人間の関節疾患としては、この疾患名が、変形性膝関節症(ひざ)とともに有名です。

この疾患は、先天的に変形性になりやすい股関節形態からの発症と後天的になんらかの要因による発症と二通りあります。

日本人の場合、先天的要因の発症率が高いです。

特に女性が圧倒的に多いです。

私が以前に担当した20代女性の患者さんは、お婆ちゃん、お母さん、妹さんも変形性股関節症だと言われていました。三世代に渡ってです。遺伝的要因もあるようです。

後天的な発症は、股関節への怪我や病気などによる影響で生じると言われています。

いずれにしても、変形性股関節症は、痛みや違和感があるからと言って、すぐになるものではないです。

現場で股関節の痛みや違和感を見ていると、とりわけの怪我や病気がなくても、股関節の不具合が原因で痛みが出ていることがほとんどです。

私は、「不具合=骨と骨の位置異常」と考えております。

股関節の形状をイメージしながら、股関節を動かすと、痛みや違和感を訴える方の股関節はスムーズに動かないことが多く、骨盤にぶつかり引っかかる感じが見受けられます。

ほとんどの方は、骨盤側も大腿骨(太ももの骨)側も骨に異常がないのに、なぜこのような感触があるのだろう?

それは、骨と骨の位置異常があるからだと考えております。

では、なぜ骨と骨が位置異常になるのか?

答えは、【筋肉筋膜のコリ】が原因です。

主には、お尻の筋肉・太ももの筋肉筋膜が股関節に大きく関与しています。

そして、この2部位の筋肉筋膜はコリやすいのです。

筋肉筋膜が縮んで硬くなると、筋繊維が縮んだ方向に、骨を引っ張ってきます。骨はその方向に動きます。硬くなった筋繊維が緩まない限りは、骨を引っ張り続けてしまいます。そして、関節内にあるその骨の先端は、いつもよりも引っ張られている方向に傾くのです。これが位置異常になる原因です。

なので、治療は単純に、その筋肉筋膜のコリをゆるめる!です。

単に股関節が痛い方でも、先天的・後天的な要因をお持ちで、ゆくゆくは変形性股関節症になる可能性がある方でも、股関節に悪影響を及ぼしている筋肉筋膜のコリをとるだけで痛み・違和感はかなり違います。

変形性股関節症を発症してしまった方でも、初期の段階から施術を定期的に受けると症状の進行を遅くすることも可能です。

当院には、現在、人工股関節置換術をされた方が4名来院されています。

股関節の痛みはありません。

手術する前まで股関節が痛く、それをかばった体の使い方を長年されていました。

その不自然な使い方による筋肉筋膜のコリが現在の体を困らせています。

定期的な施術で改善してきていますが、時間はかかリます。

骨と骨の位置異常=関節の不具合

あなたの関節は大丈夫ですか?

関節の違和感、少しの痛み

「大丈夫、大丈夫。これくらいすぐ良くなるっしょ!」

何日も放って置かないでくださいね。

1週間続いているようでしたら、どこか専門機関に行ってみてもらってください。

もちろん当院でも大丈夫です(^_^)